Career Recruitingキャリア採用情報

Interview社員インタビュー

課全体を巻き込んだ改善活動を発案、
風通しのよさがJCRファーマ

神戸原薬工場 製造課

JCRを選んだ理由

学生時代はタンパク質工学及び神経科学を専攻し、大学院終了後はバイオ医薬品の製造職や生産技術職に数年間従事しました。その後、結婚を機に関西圏での転職を考え始めた頃、転職エージェントを通じてJCRファーマと出会いました。
私が当社への転職を決めた理由は、当社独自のバイオ技術と最先端の医薬品製造技術を駆使して、これまで治療が困難と考えられていた希少疾患領域のバイオ医薬品開発に積極的に取り組んでいた点です。チームJCRの一員として困難なミッションに挑み、新しい治療法を求めている世界中の患者さんに新薬を届けることに貢献できれば、大きなやりがいを感じられるのではないかと考えました。

現在の仕事内容とやりがい

神戸原薬工場にて治験薬製造を担当しています。治験薬製造は研究所で得られた知見をもとに商用生産体制を構築することが求められるため、ノウハウが蓄積されたルーチン製造とは異なります。私はこれまでルーチン製造の経験しか無かったため、転職当初は戸惑いがありました。しかし、作業ミスに繋がるポイントや作業効率を向上できるポイントを見つけて改善する過程には難しさと共にやりがいを感じられます。
また最近は労働安全衛生の向上に繋がる情報収集を目的とした報告会を発案し、課全体を巻き込んだ改善活動にも力を入れています。このような取り組みを通じて、今後も恒常的に高品質な医薬品を製造することに貢献していきたいです。

これから目指すキャリア

私はJCRファーマでの治験薬製造経験が乏しいため、今後数年間は製造現場において様々な経験を積む必要があると考えています。その後は、得られた経験を活かして製法の技術移管、新工場の立ち上げ、生産本部における人材育成、品質保証業務などに取り組みたいと考えています。