Career Recruitingキャリア採用情報

Interview社員インタビュー

決め手は、世界に技術力を
提供できる会社であるかどうか

品質保証部 神戸品質保証グループ

JCRを選んだ理由

前職では、製薬会社で約12年間品質保証部門に所属しており、原料・資材の試験及び製品試験(無菌製剤)等の業務に携わっていました。その後、海外工場の医薬品工場の立ち上げの際には品質管理部門の立ち上げに寄与し、そこでは品質管理責任者として約3年間従事していました。その中で私がJCRファーマに入社を決めたのは、バイオ医薬品、再生医療及び希少疾病治験薬の研究開発など高度な技術力を持っている会社であり、将来世界に技術力を提供出来る会社であると感じた為、前職の品質保証部門での経験を活かし、JCRファーマの更なる発展に貢献できると思ったからです。

現在の仕事内容とやりがい

現在品質管理部門に所属しており、原料・資材の受入試験から製品の出荷までその製品が基準を満たす適正なものかどうか品質の管理を行っています。その中で私の主な担当業務は、各工程の試験判定、報告書の作成、異常があった場合の原因調査・改善提案、担当部署への報告などを行っております。品質管理の仕事は、製品が決まった基準を満たしているか、厳格な試験の実施が求められ、非常に重要な部門になります。この役割を果たすことが、患者さんに安心してお薬を使用して頂けることにつながり、大きなやりがいを感じています。

これから目指すキャリア

JCRファーマに入社し、約2年間試験責任者として従事しており、上司、先輩社員の方々にご指導頂き色々経験しました。今後のキャリアプランとしては、JCRファーマは海外事業についても展開している為、今後海外査察の対応が必要になってきます。その為、私はグローバルな品質管理部門を構築させるべく、前職の経験以上の幅広い知識を得られるように努力し、会社の進展に貢献していきたいと思います。