PEOPLE


1 若手を育てる風土のもと、
プロジェクトマネージャーに大抜擢。

プロジェクトマネージャー補佐から、プロジェクトマネージャーへ。私は今まさに入社後初めての転機を迎えています。携わっているのは、投薬による患者さんの負担軽減を目指す新薬開発のプロジェクト。臨床試験開始から承認申請までのスケジュール調整をはじめ、臨床試験デザインの考案や他部署への情報共有、臨床試験前の当局*との対面助言(相談)用の資料作成等、幅広いミッションを担っています。プロジェクトチームは開発を中心に、研究、生産、営業の各本部から精鋭が集結。そんな中、入社3年目の私がプロジェクトマネージャーに抜擢された背景には、若手のリーダーを育てていこうという会社の方針があります。
また、並行して、各臨床試験で測定業務を委託している検査会社への対応や、海外で開発を行っている医薬品の臨床試験の準備を進めています。多岐にわたる業務の中、モットーとしているのは、自分の意見をしっかり持って行動すること。たとえわからないことがあってもまずは自分で資料をあたり、どう考えたかを伝え、上司や先輩方に相談。何もせず「教えてください」と聞くことはありません。
*当局:医薬品医療機器総合機構(PMDA)

2 高度な独自技術をもつJCRファーマなら、
新薬を世に送り出すことができる。

医薬品を少しでも早く心待ちにしている患者さんのもとに届けたい。それが私の思いのすべてです。たとえば、独自の血液脳関門通過技術「J-Brain Cargo®」を適用した難病の治療薬。既存の治療法では改善が見込めない症状に対する有効性が期待されています。国内外で行っている臨床試験に対しても医師の方々から多くの問い合わせをいただき、必要とされていることを痛感しています。
また、モニタリング業務を担当していた時に、医師を介して患者さんの声を伺うことがありました。新薬を待ち望む患者さんがいること、そしてその開発に自身が携わっていることを改めて感じることができ、非常にやりがいを感じました。バイオ技術や再生医療技術といった高度な技術を持ち、今後の開発品目も多いJCRファーマなら、成功率が低いとされる新薬を世に送り出すことが、きっとできる。そう確信し入社した私の選択は間違っていませんでした。


1日のスケジュール

  • 9:00
    出社後、まずはメールをチェック。業務内容は日によって変わるが、基本的には内勤。
  • 10:00
    臨床試験前に必要な資料の作成。文献を調べたうえでわからないことがあれば、経験豊富な上司や先輩方に質問。また、午後からのプロジェクトミーティングで配布する資料や進行等を再度確認。
  • 15:00
    プロジェクトミーティング。司会やファシリテートしながら会議を進行。開催日時、議題、参加者、発表者等を決めてメールで知らせるのも、終了後に議事録を作成し共有するのも、プロジェクトマネージャーの仕事。ハードルが高いだけにやりがいも大きい。
  • 18:00
    検査会社や研究所のメンバーなど社内外の人との打ち合わせをすべて終えて、帰宅。

私の挑戦

入社2年目に、100名を超える人々の前で進行中の臨床試験の結果を発表しました。それだけ多くの聴衆の前でプレゼンテーションを行うのははじめてのこと。先輩方にアドバイスをいただきながら綿密に準備を進めました。緊張しましたが、医師の方々からデータや今後のスケジュールについて活発に質問があり、高い関心を示していただくことができました。また、この発表をきっかけに社内に顔が広まり、プロジェクトで他部署に協力をお願いする際も「あの時の」と話がスムーズに。収穫の多い貴重な経験となりました。


Other PEOPLE

  • BACK
  • 開発