Sustainability

トップサステナビリティ

「医薬品を通して⼈々の健康に貢献する」という企業理念に基づいた
事業活動を通じて、持続可能(サステナブル)な社会の発展に貢献します。

サステナビリティの基本姿勢

JCRは、「医薬品を通して人々の健康に貢献する」という企業理念のもと、1975年の創業以来、時代を先取りしたバイオ技術、細胞治療・再生医療技術で、希少疾病用医薬品を中心としたアンメット・メディカルニーズ(未だ満たされていない医療ニーズ)に応える画期的な新薬の創製を目指しています。
地球環境や社会を取り巻く状況・課題は、年を追うごとに変化していますが、JCRは、事業活動を通じて持続的な企業価値創造を図り、持続可能な社会の発展に貢献することが重要であると考えています。
社会に貢献し信頼される製薬企業として、「希少疾病(レアディジーズ)」、「環境」、「社会」、「コーポレート・ガバナンス」を重点領域として、積極的な取り組みを推進していきます。

持続可能な開発⽬標(SDGs)への対応

JCRは、サステナビリティの実現において、国際社会との連携・協調が何よりも重要であると認識しています。
今後は、「誰一人取り残さない(No one will be left behind)」という持続可能な開発目標(SDGs)の精神に沿って、自社の活動をSDGsの掲げる17の目標と関連付け、その成果を社内外の幅広いステークホルダーに還元・共有していきます。

サステナビリティの取り組みの⽅向性と関連するSDGsの目標