JCRの企業理念

トップ会社情報JCRの企業理念

JCRの企業理念

JCRファーマ株式会社の企業理念は「医薬品を通して人々の健康に貢献する」ことです。

この理念のもとで、時代を先取りした再生医療、遺伝子組換え技術による
医薬品の研究開発・製造・販売を行う企業として、人々の健康と医療の未来に貢献することを目指します。

コアバリュー(価値観)

信頼
私たちは、法令遵守はもとより、高い倫理観をもって行動することにより、全てのステークホルダーから信頼される会社を築きます。
自信
私たちは、世界へ通用する医薬品提供を目標に、独自の視点で研究・開発を進め、自信をもって品質の高い製品と情報を提供します。
信念
私たちは、基本理念のもと、“自ら考え、自ら行動する”を信念として、更なる企業成長を目指します。

基本経営方針

これから提唱する経営方針は3つのコア・バリューをもとに、より具体的に企業のあり方を示したものです。

1.顧客満足を念頭に置いた経営
顧客に対し、常に高品質の製品、正確な情報及びきめ細かなサービスを提供し、顧客満足を高めます。
2.法令・社内規則を遵守する社会的良識に基づいた経営
円滑に企業活動を行うために、コーポレート・ガバナンスに基づくコンプライアンスを推進し、内部統制システムの確立を図ります。
その為の医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(以下「医薬品医療機器等法」)、商法、独占禁止法などの関係法令及び、業界内の規約・ガイドライン等を遵守します。
3.世界に通用する医薬品開発を目指した経営
希少疾病分野での研究を基盤に、未来への更なる発展を目指して、世界に通用する治療薬の研究・開発に、独自の視点も盛り込みながら、積極的に取組みます。
4.職場環境への配慮を忘れない経営
製薬企業として信頼性の高い商品提供のために、各事業所の安全かつ働きやすい環境づくりを徹底します。
5.自ら考え、自ら行動する人材を育成する経営
「自ら考え、自ら行動する」ため、部署間の連携を基盤に、明確な目的意識と責任感を持つ仕事のプロの育成を目指します。
6.経営効率を高め、JCRファーマの長所を最大限にのばせる経営
競争の激しい医薬品市場でビジネスを展開する為、市場を見極める視点を忘れずに経営の基本となる「人・物・経費」の効率化を図ります。 また、社内連携をより強化することで、JCRファーマだからこそ取り組める個性ある事業を展開していきます。

企業倫理綱領

この綱領は、JCRファーマの役員および社員が国内外で事業活動を行う上で遵守すべき規範である。

社会貢献
すべての事業領域において、「医薬品を通して人々の健康に貢献する」という理念のもと活動を行う。
特に、医薬品の研究、開発、製造、販売については次のとおりにする。
  • 1.積極的かつ重点的な研究開発に取り組み、安全性、有効性に優れた医薬品を供給する。
  • 2.各医療機関のもとで、GCPをはじめとする法令、規則等を遵守して臨床試験を行い、被験者の人権を保護する。
  • 3.品質、有効性、安全性を保証する為の迅速かつ厳密な品質検査からクオリティの高い製品を生み出す製造ラインを確立する。
  • 4.医薬品販売の効率化を図り、医療資源の節約に貢献する。また安全情報を敏速に医療現場へ届ける。
社会的規範の遵守
良識ある企業市民として、社会的秩序・法令を遵守するとともに、地域社会への貢献を忘れず事業活動を行う。
反社会的勢力の排除
市民社会へ脅威を与える、不当・不法などを要求する反社会的勢力とは、断固として対決する。
人権保護
社員の人権と個性を尊重し、差別をうけることのない働きやすい職場環境をつくる。
地球環境に配慮した事業活動
地球環境への配慮は企業の社会的責務であると認識し、積極的に地球環境の保全を念頭においた事業活動を行う。
経営の透明性
株主はもとより、広く社会とコミュニケーションを行い、企業情報を積極的かつ公正に開示する。
情報管理
機密文書・知的財産を尊重し、自らの権利を防衛するとともに、他社の権利を尊重する。
企業価値を目指した経営
研究開発を推進する経営を目指し、経営構造の合理化、効率化に積極的に取組む。
企業倫理の社内体制化
役員自ら、本企業倫理綱領を全ての社員に呼びかけ、その整備を行う。また社員全員が本企業倫理綱領を自らの役割である事を認識し、実践することを努める。