事業早わかり

事業早わかり

For individual investors

トップJCRより皆さまへ株主・投資家の皆さまへ事業早わかり

創業以来のベンチャー精神を受け継ぎ、
常に「一歩前に出る」企業として、
持続的成長を実現してきました。

当社は、1975年の創業以来、常に他社より「一歩前に出る」独自の技術開発と製品創製に取り組み、
「バイオ医薬品のJCR」として着実に成長を続けています。
2021年5月に当社独自の血液脳関門通過技術「J-Brain Cargo®」を適用した世界で初めての
医薬品「イズカーゴ®点滴静注用10mg」の販売を開始することができました。
今後も、希少疾病治療薬のスペシャリティファーマとして、
より多くの患者の皆さんの治療に貢献できるよう取り組んでまいります。

JCRの原点

JCRの歴史は、尿由来のタンパク質分解酵素である「ウロキナーゼ」の製造からスタートしました。
1983年には、ウロキナーゼ製剤および原液の製造承認を取得し、一躍脚光を浴びました。
今後も、希少疾病用医薬品分野を中心に、独自のバイオ技術、細胞治療・再生医療技術、遺伝子治療技術で
アンメット・メディカルニーズ(未だ満たされていない医療ニーズ)に応える
画期的な新薬の創製に挑戦するスペシャリティファーマとして、持続的成長を実現していきます。

JCRの原点

JCRの原点

バイオ医薬品とは

JCRが目指す姿

グローバルで存在感のある研究開発型企業

  • 希少疾病領域におけるグローバルスペシャリティファーマ
  • 「J-Brain Cargo®」をはじめとする独自の基盤技術を礎として、常に他社より「一歩前に出る」技術の創出に挑戦し続ける企業
  • 「研究開発」と「モノづくり」で新たな価値の創出に挑戦し続ける企業
  • 希少疾病領域に貢献する強い決意のもと妥協せず挑戦し続ける企業

研究開発・生産体制