事業早わかり

トップJCRより皆さまへ株主・投資家の皆さまへ事業早わかり

創業以来のベンチャー精神を受け継ぎ、
常に「一歩前に出る」企業として、
持続的成長を実現してきました。

当社は、1975年の創業以来、常に他社より「一歩前に出る」独自の技術開発と製品創製に取り組み、
「バイオ医薬品のJCR」として着実に成長を続け、2013年に東証1部上場を実現しました。
創立40周年を迎えた2015年には日本初となる他家由来再生医療等製品「テムセル®HS注」の
製造販売承認を取得するなど、細胞治療・再生医療領域の開発にも積極的に取り組んでいます。

JCRの原点

JCRの歴史は、尿由来のタンパク質分解酵素である「ウロキナーゼ」の製造からスタートしました。
1983年には、ウロキナーゼ製剤および原液の製造承認を取得し、一躍脚光を浴びました。
今後も、希少疾病用医薬品分野を中心に、独自のバイオ技術、細胞治療・再生医療技術で
アンメット・メディカルニーズ(未だ満たされていない医療ニーズ)に応える
画期的な新薬の創製に挑戦するスペシャリティファーマとして、持続的成長を実現していきます。

JCRの原点

バイオ医薬品とは

JCRの強み