OCCUPATION

研究職

革新的なバイオ医薬品の創製や新規技術の開発、生産プロセスの開発に加え、再生医療や遺伝子治療分野の治療薬開発などに携わります。医薬品の種を探す基礎探索研究に始まり、候補薬物の安全性や有効性の確認、製造ラインに乗せるためのスケールアップ検討など、各部門に分かれて取り組みます。

創薬研究

  • 基礎探索研究
  • 薬物動態研究
  • 薬理研究
  • 毒性研究

    など

生産技術研究

  • バイオプロセス研究

  • 分析研究
  • 製剤開発
  • など

開発職

臨床開発にかかわる業務全般を行います。専門家や規制当局との相談を踏まえ、有効性や安全性を確認するため臨床試験・治験計画を立案します。臨床試験・治験に参加してもらえる医療機関を探し、これらの試験に参加していただける被験者さんに薬を投与してデータを集め、規制当局への承認申請書類の作成を行います。

臨床試験・治験

  • モニタリング
  • データマネジメント
  • 統計解析
  • 品質管理
  • メディカルライティング
  • など

生産職

高品質のバイオ医薬品や再生医療等製品を安定的に医療現場へ供給するために、製造(培養・精製・製剤化)や品質試験、品質保証などを行います。関係法令はもとより、各種規制要求事項を遵守し、予め定めた手順通りに製造されているか、規格に安定して適合する製品ができているかなど厳しくチェックしながら医薬品づくりに取り組んでいます。

製造

  • 原薬製造
  • 製剤化

    など

品質管理

  • 原薬や製剤の品質試験
  • など

品質保証

  • 各工場の品質保証
  • など

営業職(MR)

医薬品に関する情報を医師をはじめとする医療関係者に伝え、適正使用を促します。同時に医療関係者から製品に関する効果や副作用等の情報を収集し、学術やマーケティングの担当者や、信頼性保証部門と連携しながら医薬品をより価値の高い製品へと成長・発展させていきます。JCRの製品は、希少疾病・難病領域に特化しており、病気や医薬品に関する情報が少ない分、医療関係者と深く関わることで信頼関係を築きながら活動しています。

医薬品の適正使用に必要な情報活動

  • 医薬情報の提供・伝達
  • 有効性・安全性情報の収集
  • など

信頼性保証職

信頼性保証職は大きく3つの役割に分かれ、業務を行っています。「薬事」は、開発段階から承認申請、薬価収載、その後の安定供給、医薬品ライフサイクルの最終段階における承認整理に至るまで、ほとんどの過程に関与しています。
「安全性情報管理・メディカルアフェアーズ」は治験製品および製造販売品目の安全性情報を管理し、ベネフィットリスクバランスを常に考えながら、収集した情報を評価しています。また、適正使用のための情報を医療現場にタイムリーに提供することを通じて、より適切な治療に貢献しうる製品となる、すなわち育薬に携わります。
「品質保証」は原材料から製造、包装、試験検査、保管、流通管理まで、製品に関わる一連の流れを確認し、品質、有効性および安全性を保証することが品質保証の役割です。

薬事

  • 承認申請
  • 薬価収載
  • 変更申請
  • など

安全性情報管理・メディカルアフェアーズ

  • 安全情報管理(治験/市販後)
  • 臨床研究
  • など

品質保証

  • 製造販売業者としての品質保証
  • 品質保証体制の構築
  • など

TOP / 職種紹介
誰かがやる、その“誰か”になる。
RECRUITING INFORMATION 2023